投資術入門【株のデイトレード】
万全な準備で株式市場に挑む
投資術入門【株のデイトレード】

デイトレードに最適な環境を作る


Yahoo!ブックマークに登録

デイトレードに適しているネット回線とプリンター

デイトレードに適しているネット回線

ネット回線の接続には、「光」、「ダイヤルアップ」、「ISDN」、「ADSL」の4つの接続方法があります。
デイトレードで使うネット回線の接続方法は、この4つの中で通信速度が最も速い「光回線」にすることをおすすめします。
その理由は、デイトレードでは、他のトレーダーと注文を取り合うなど、1秒を争う売買が多々あります。
「1秒でも速く市場に売買注文を出すこと」つまり、「速さ」はデイトレードで勝つための重要なファクターの1つなのです。ですから、高速で大容量のデータを送受信できる「光回線」の方が有利なのです。
私は、「NTT東日本 Bフレッツ」を利用していますが、通信速度に対するストレスは全くといっていいほどありません。

デイトレードには必要なツール「プリンター」

デイトレードでは基本的にプリンターは使いません。しかし、それは売買取引を行う上で直接は使わないということです。
前述したように、デイトレードでは、売買取引を行うためのツールとしては、プリンターは使いません。
しかし、トレードを勉強をするためのツールとして必ず使います。ですから、安いプリンターでも構わないので用意し、活用することをおすすめします。
プリンターの使い方は、まず、売買取引をした日の「売買履歴」や「チャート」をプリントアウトします。そして、プリントアウトした資料をもとに、その日のトレード内容を分析・検証するのです。
トレードの分析結果や検証結果は、翌日以降のトレードの参考にします。
この一連の勉強をすることによって勝率は飛躍的に上がります。
プリンターの役割
デイトレードには必要なツール「プリンター」
@「売買履歴」、「チャート(特に5分足)」をプリントアウトする。
Aプリントアウトした資料をもとに、トレード内容を分析・検証する。
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved