投資術入門【株のデイトレード】
万全な準備で株式市場に挑む
投資術入門【株のデイトレード】

デイトレードに適したPC選び


Yahoo!ブックマークに登録

デイトレードに適しているパソコンとは?

高性能CPUが搭載されたパソコンを購入する

デイトレードではパソコンを使用しますが、特にコレといった指定はありません。
しかし、株式の情報を見ていながら、瞬時に注文画面に切り替えて、即座に売買注文を出せるような、処理能力の高いCPUが搭載されたパソコンの方が有利といえます。
デイトレードでは、他のトレーダーと注文を取り合うなど、1秒を争う売買が多々あります。1秒を争っているわけですから、モニター画面切り替え時間は速い方がいいわけです。
処理能力が低いCPUでは、モニター画面の切り替えに時間がかかることがあります。
このようなパソコンでは、他のトレーダーを出し抜いて注文を出すことは難しいのです。
私がデイトレードで使用しているパソコンは、ハードディスクが500GB、メモリが2GBですが、このスペックで十分対応できています。
現在、ノートパソコンでもハードディスクが500GB、メモリが4GB程度ありますので、ノートパソコンでも十分対応できると思います。

パソコンを2台用意する

デイトレードでコンスタントに利益を出せるようになり、本格的にデイトレードをしようと考えているのであれば、パソコンを2台以上にすることをおすすめします。
その理由は、勝率が上がるからです。
1台目のパソコンは株式情報(株価・チャート・板など)の閲覧専用にして、2台目のパソコンは売買注文を出すため専用にします。
このようにパソコンが2台以上あれば、株価の動きやチャートを見ながら売買注文を出すことができるので、大幅に勝率が上がるのです。
パソコンを2台用意する
株式情報を閲覧するためだけのPC
デイトレードに適したPC
売買注文を出すためだけのPC
デイトレードに適したPC
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved