投資術入門【株のデイトレード】
万全な準備で株式市場に挑む
投資術入門【株のデイトレード】

デイトレードで必要な資金


Yahoo!ブックマークに登録

デイトレードをするための最低限の資金額

最低必要資金額「30万円」

株式投資の資金は、○○円以上なければできないというような規定はありません。
つまり、数千円ほどの低資金でも株式売買は可能ということです。しかし、現実的には数千円で売買できるような株式銘柄はごく少数です。
トレード資金が少ないと、購入できる株式銘柄が限定されてしまうのです。
また、数円の値幅を狙った売買取引において、低資金ではごくわずかな利益しか稼げないのです。
しかし、トレード資金が多くあると、前述したようなことは解消されます。
購入できる株式銘柄は限定されませんし、わずかな値幅でも、大きな利益を稼ぐことができるのです。
デイトレードをする場合、最低30万円のトレード資金を用意することをおすすめします。
30万円のトレード資金を用意しなければならない理由は、信用取引を行うためには最低限30万円の資金が必要だからです。

信用取引とは?

信用取引とは、証券会社が投資家に信用を供与して行う売買取引です。
トレーダーが資金や代用証券を担保して、証券会社から株式の買付け代金、または売付株券を借りて行うトレードのことです。
前述した担保となる資金の最低金額は各証券会社によって異なりますが、大半のネット証券会社は、30万円に設定されています。
信用取引には2つの大きなメリットがあります。それは、
・手持ち資金の約3倍の売買取引ができる
・株価が値下がりすることによって儲ける事ができる
ということです。これら2つのメリットを上手に活用することで、低資金で大きな利益を出すことができたり、「買い→売り」取引では利益が出にくい状況でも利益を出すことができます。
信用取引のメリット
@手持ち資金の約3倍の売買取引ができる
信用取引のメリット
A株価が値下がりすることによって儲ける事ができる
信用取引のメリット
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved