投資術入門【株のデイトレード】
万全な準備で株式市場に挑む
投資術入門【株のデイトレード】

信用取引のデメリット


Yahoo!ブックマークに登録

信用取引の欠点

「信用買い」のリスク

信用取引には、「資金の約3倍にあたる代金までトレードができる」、「下げ相場で利益を出すことができる」などのメリットがあります。
このメリットを上手に活用すれば、トレードを有利に進められ、多くの利益を出すことができます。
しかし、信用取引にはメリットだけではなくデメリットもあります。
現物取引では、取引口座残高以上に損失が拡大することは100%ありません。
たとえば、現物取引で銘柄Aを「@1000円×300株=30万円」買った直後に、このA企業が倒産したとします。倒産したとしても株価は1円までしか下がりませんので、「@1円×300株=300円」の300円は戻ってくるのです。
対して信用取引では、取引口座残高以上に損失が拡大するリスクがあります。
たとえば、取引口座残高が30万円あり、この30万円を担保にして、信用取引で銘柄Bを「@300円×3000株=90万円」買う約束をした直後に、このB企業が倒産し、その後銘柄Bを売ったとします。
倒産したとしても株価は1円までしか下がりませんので「@1円×3000株=3000円」で売ることができます。つまり、「買う約束をした銘柄Bの金額90万円」-「銘柄Bを売った金額3000円」で89万7000円の損失になり、取引口座残高以上の損失が出てしまうのです。
取引口座残高以上に損失が拡大する場合、その前に「追証」というものが発生します。

「カラ売り(信用売り)」のリスク

上記で信用買いのリスクを説明しましたが、信用買いのリスクには限度があます。信用買いでの損失は、売買代金以上に拡大することはありません。
対してカラ売り(信用売り)の場合は、「上限のない損失が発生するリスク」があります。
たとえば、銘柄Cを「@300円×1万株=300万円」カラ売りしたとして、株価が500円に値上がりした場合、200万円の損失が出ます。また、株価が1000円に値上がりした場合、700万円の損失が出ます。
このように、カラ売りの損失額は無限に拡大していきます。つまり、カラ売りの損失額は青天井なのです。
現物取引の最大損失額
現物取引の最大損失額
スポンサーリンク
信用取引の最大損失額
信用取引の最大損失額(信用買い・カラ売り)

信用取引のリスク管理

信用取引では、信用買いでのリスクとカラ売りでのリスクがあります。
しかし、このリスクにしっかりと対応して、抑制することができれば、信用取引のメリットだけを活かすことができます。
具体的なリスク対処法としては、
・ロスカット(損切り)
・レバレッジの抑制
という2つがあります。
まずはロスカットですが、「損失が拡大する前にロスカットをする」、つまりロスカットを徹底することによって、損失を最小限に抑えることができます。
次にレバレッジの抑制です。信用取引では、資金の3倍にあたる代金までトレードができますが、無理に3倍の取引をする必要はありません。
1.5倍の取引でもいいですし、2倍の取引でもいいのです。
つまり、3倍というレバレッジを1.5倍または2倍のレバレッジに抑制することによってリスクは軽減します。
※レバレッジとは自己資本に対して何倍の取引金額であるかということです。
○○倍のレバレッジ、あるいは○○%のレバレッジというように表現します。
MENU
スポンサーリンク

株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved