投資術入門【株のデイトレード】
万全な準備で株式市場に挑む
投資術入門【株のデイトレード】

信用取引について


Yahoo!ブックマークに登録

信用取引とはどのような売買取引なのか?

現物取引と信用取引

株式の売買取引には、
・現物取引
・信用取引
の2種類があります。
現物取引とは、取引口座に入金されている金額の範囲内で、株式を売買できる取引をいいます。
つまり、取引口座残高が30万円だったとすれば、30万円分の株式を買うことができるということです。
当然、取引口座残高の範囲内で投資するため、利益も損失もその範囲内になります。
信用取引とは、証券会社が投資家に信用を供与して行う売買取引です。
具体的には、トレーダーが資金や代用証券を担保して、担保額の約3倍にあたる、株式の買付け代金または売付株券を、証券会社から借りて行うトレードのことです。
現物取引とは異なり、30万円の資金を委託保証金として預けた場合、その3倍にあたる90万円までのトレードを行うことができるのですから、資金効率に優れた取引方法といえます。
担保にした資金や代用証券のことは「委託保証金」といいますが、この委託保証金の最低金額を、大半のネット証券会社では約30万円に設定しています。
現物取引とは?

トレード資金が30万円の場合

現物取引
信用取引とは?

トレード資金が30万円の場合

信用取引
※委託保証金には、現金ではなく代用証券でも可能ですが、代用証券の場合、代用証券を時価評価するわけではないので注意が必要です。
具体的には、掛け目(担保価値率)は時価の約8割とされています。よって、時価評価額が100万円の代用証券であれば、80万円と評価されるのです。

「信用買い」と「カラ売り」

信用取引では、委託保証金の3倍にあたる代金までトレードができると述べましたが、この他に、「株式を買ってから売る」という通常のトレードだけではなく、「株式を売ってから買い戻す」というトレードをすることができます。
その理由は、信用取引では委託保証金を担保にすると、証券会社から株式の購入代金を借りられるだけではなく、株券を借りることもできるからです。
よって、証券会社から株式を借りて市場で売り、その後に買い戻して証券会社に返却するというトレードができるのです。
「株式を売ってから買い戻す」というトレードのことをカラ売りまたは信用売りといい、「株式を買ってから売る」というトレードのことを信用買いといいます。
カラ売り(信用売り)とは、「株式を売ってその後に買い戻す」トレードですから、買い戻す時の株価は、売った時の株価より安ければ安いほど利益は増えます。
信用買いとは、「株式を買ってから売る」という通常のトレードと同じですから、売る時の株価は、買った時の株価より高ければ高いほど利益が増えます。
信用買い・カラ売り
信用買い・カラ売りとは?
MENU
スポンサーリンク


株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved