投資術入門【株のデイトレード】
実践で役立つ勝つための正しい知識
投資術入門【株のデイトレード】

出来高を参考に銘柄を選ぶ


Yahoo!ブックマークに登録

出来高を参考にして狙う銘柄を探す

出来高とは?

出来高(売買高)とは、売買が成立した株数のことをいい、デイトレードにおいて狙う銘柄を選ぶためのファクターの1つです。
出来高が多いということは、トレーダーの関心度が高く取引が活発に行われていることを表しています。その逆に、出来高が少ないということは、トレーダーの関心度が低く取引が少ないということを表しています。
このように、出来高はトレーダーの関心度を表すバロメーターでもあります。
株価は、需給で決まりますから、出来高からトレーダーの関心度を探って需給関係を読むことが勝率を上げる事につながるのです。
最初は、1日の出来高と、分足ごとの出来高に注目して狙う銘柄を見つけるとよいでしょう。

出来高を参考にして狙う銘柄を探す

デイトレードでは、取引が活発で、値動きの良い銘柄、つまり出来高の多い銘柄を狙います。
ただし、単に出来高が多ければよいというわけではありません。
常に出来高が多い銘柄は、買い板・売り板の双方とも板が厚いため、大きな値動きは見込めませんが、出来高が急増した銘柄の株価は上下どちらかに良く動いているので、株価の大きな値動きを見込む事が出来るのです。
このように、普段よりも出来高が多い銘柄や、急に出来高が多くなった銘柄は、株価の大きな値動きを見込む事が出来るので狙い目なのです。
出来高から狙う銘柄を探す
5/8日に出来高が、前日の約13倍、直近では391倍に急増し、出来高を伴って株価も大きく上昇しています
このように、出来高が急増した場合、株価の動きが大きくなるので、デイトレードで仕掛けるチャンスになります。
出来高を参考にして狙う銘柄を探す

分足ごとの出来高

分足チャートでの出来高も重要です。
分足チャートで出来高が急増した場合も上記で説明した場合と同じです。トレーダーの「株価が大きく動いて儲かりそう」という思惑から、急激に関心度が高まり出来高が急増したと考えられます。
実際に相場分析をしてみると、分足ごとの出来高が急増したところは、株価が大きく動いている時、株価が大きく動く前、反転する時のいずれかに該当します。
分足ごとの出来高をチェックして、出来高が急増した場合は前述した3つのいずれかの状態になる可能性が高いので、株価が上下どちらに動くか見極めて仕掛けるとよいでしょう。
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved