投資術入門【株のデイトレード】
実践で役立つ勝つための正しい知識
投資術入門【株のデイトレード】

株価の動き・リスクを把握する


Yahoo!ブックマークに登録

板から読み取るポイント

板の「厚さ」とは?

板は、5分足チャートでは読み取ることができない、「株価(相場)の変化」を読み取ることができるツールです。ですから、5分足チャートを補助するためのツールと考えてください。
板から読み取れることは大きく2つあります。
1つ目は、「厚さ」です。厚さとは、注文数の量のこといいますが、注文数が多い状況を、「板が厚い」といいます。
「売り注文が厚い」といえば、買い注文数に対して、売り注文数が多く出ている状況ということになります。
たとえば、買い板が厚い場合は、「買い手が多く存在する」ということですから、買い手が優勢ということになります。
買い進んでいる投資家がいれば、他の多くの投資家はそれに追随します。よって売り手は押され、株価は上昇します。
下記の板を参照するとわかりますが、板の厚さ薄さで「味方の数」や「体勢の優劣」を読み取ることができます。当然、味方の数が多い方や体勢が優勢な方についたほうが有利です。
買い板が厚い場合
買い板が厚い場合
@現値は7400円。買い板が厚くなっています。
A買い手が売り手の陣地を奪い株価が7440円になっています。

板でリスクを把握する

板から読み取れることができることの2つ目は、「リスク」の予測です。
たとえば、買いを仕掛けた場合、買い板が厚ければリスクが小さく、逆に買い板が薄ければリスクが大きいと予測するのです。
株式投資では、リターンを追い求めることも大事ですが、リスクを抑えることが重要なのです。
板を活用してリスクを予測し、リスクを抑えることができるようになれば、大損する取引が減り、その結果勝率が上がるようになるのです。
板からリスクを読む
板からリスクを読む
株を7390円で買った場合、上記の板のように、株価が下がったとしても7360円で売れる可能性が高いと読み取ります。
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved