投資術入門【株のデイトレード】
リバウンドテクニックを身につける
投資術入門【株のデイトレード】

下ヒゲを狙う


Yahoo!ブックマークに登録

下ヒゲに注目してリバウンドを狙うテクニック

「下ヒゲ」とは?

下ヒゲとは、ローソク足から下に伸びた線のことをいい、下ヒゲの先端は、安値を示します。
下ヒゲは、「株価が一時的に下がった後戻ったこと」つまり、株価の反発する力を示しています。
下ヒゲ狙いとは、この株価の反発する力を狙って買いを仕掛けるのです。
狙い方としては、長い下ヒゲが出現したときです。下ヒゲが短い場合は、株価が反発する力が弱い(株価が反発する確率が低い)ことを示しています。つまり、下ヒゲが長ければ長いほど、株価の反発する力が強いということを表しているのです。
よって、長めの下ヒゲだけを狙って買いを仕掛けるのです。
長めの下ヒゲを狙う
株価が下落中に長めのヒゲが出現した場合は、買いを仕掛けるチャンス。
長めの下ヒゲ

長めの下ヒゲで買いを仕掛けるための条件

長めの下ヒゲ出現で買いを仕掛ける場合には、仕掛けるための条件があります。それは、株価低位置で長めの下ヒゲが出現しているということです。
基本的に、長めの下ヒゲは、ある程度株価が下がった位置(株価中・低位置)で出現します。しかし、稀に株価が上がった位置、または天井付近(株価高位置)で長めの下ヒゲが出現する場合があります。
この場合、天井付近は値動きに勢いがあるので、株価下落時に、天井を打ったことに気づいていないトレーダーが強気で買い注文を出してきます。そのため、株価が反発し、長めの下ヒゲが出現するというわけです。
しかし、株価が戻ったところで、逃げ遅れたり、天井を打ったことに気づいたトレーダが売り注文を出してくるので、株価は急落して、そのまま下降トレンドになってしまいます。
よって、株価が上がった位置、または天井付近で下ヒゲが出現した場合は、株価が急落するリスクが高いので、買いを仕掛けることは出来ないのです。
結論は、株価低位置で長めの下ヒゲが出現した場合に限って、買いを仕掛けるということです。そうすれば先でも述べた通り、長めの下ヒゲ自体が株価の強い反発力を示していますから、高確率でリバウンド狙いが成功します。
長めの下ヒゲとは?長めの下ヒゲとは?
株価が下落した後、大きく買われた様子を示します。株価が底を打ち、上昇する目印とされています。
下降トレンドとは?下降トレンドとは?
株価が下落を続けている状態。株価の力が上昇力よりも下降力の方が強い相場展開のことをいいます。
下ヒゲ狙う時の注意点
短い下ヒゲは、株価が反発する力が弱い(株価が反発する確率が低い)ことを示しています。
下ヒゲで買いを仕掛ける時の注意点
長めの下ヒゲが株価高位置で出現した場合は、株価急落のリスクがあります。
下ヒゲで買いを仕掛ける時の注意点
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved