投資術入門【株のデイトレード】
トレンドの波に乗るテクニック
投資術入門【株のデイトレード】

後場寄りのギャップアップにで仕掛ける方法


Yahoo!ブックマークに登録

後場寄り直後のギャップアップで買いを仕掛ける

ギャップアップで買いを仕掛けるテクニック(実例)

下記のチャート図は、2012年9月5日のユニバーサルソリューションシステムズ株式会社の5分足チャートです。
株価を見てみてみると、11時頃まであまり動いていません。横ばいといっていいでしょう。株価は11時を過ぎた頃に一旦下げた後上昇し始め、前場が終了しました。
後場は、前場終値より150円高い3680円で開始しました。ギャップアップです。
その後、株価は上昇トレンドとなり4030円まで上昇し、一旦下げた後横ばい状態となり大引けとなりました。
それでは買いを仕掛けるポイントを解説します。
買いを仕掛けるポイントは、ギャップアップで相場が開始することが予測できた段階、つまり後場寄り直前に、買い注文の量をチェックして、その注文量が多い(買い気配)場合です。
このような場合はギャップアップで相場が開始することが確実ですから、買い注文を出しておくといいでしょう。
ポイントは、11:30分〜12:30分までの昼休憩の時間に板をチェックしておくということです。
板からギャップアップの予測ができたら、いち早く買い注文を出し、買いに勢いがあるうちに売り逃げしてしまうということです。
USS(株)
後場開始前に板をチェックして、ギャップアップで相場が開始することが確実な場合は買いを仕掛け、買いの勢いがあるうちに売り逃げることがポイントです。ギャップアップで買いを仕掛けるテクニック「<3390>ユニバーサルソリューションシステムズ株式会社」

ギャップアップで買いを仕掛けるテクニック(実例2)

下記のチャート図は、2012年9月12日の夢の街創造委員会株式会社の5分足チャートです。
株価を見てみてみると、9:30分頃に一旦下げ、その後徐々に上昇して前場が終了しました。
後場は、前場終値より1,000円高い55,000円で開始しました。ギャップアップです。また、後場直後1本目の足が長めの陽線です。
その後、株価は上昇トレンドとなり60,600円まで上昇し、徐々に下げながら大引けとなりました。
それでは買いを仕掛けるポイントを解説します。
買いを仕掛けるポイントは、ギャップアップで相場が開始することが予測できた段階、つまり後場寄り直前に、買い注文の量をチェックして、その注文量が多い(買い気配)場合です。
このような場合はギャップアップで相場が開始することが確実ですから、買い注文を出しておくといいでしょう。
ポイントは、11:30分〜12:30分までの昼休憩の時間に板をチェックしておくということです。
板からギャップアップの予測ができたら、いち早く買い注文を出し、買いに勢いがあるうちに売り逃げしてしまうということです。
また、仮に板のチェックをし忘れた場合であっても、後場寄り直後に長めの陽線が出現していますから、買いを仕掛ける条件に該当しています。
チャートを見ながら長めの陽線になりつつある場合には買いを仕掛けます。
夢の街創造委員会(株)
後場寄り直後に出現した長めの陽線を見逃さずに買いを仕掛けることができれば、上昇トレンドの波に乗ることができます。
ギャップアップで買いを仕掛けるテクニック「<2484>夢の街創造委員会株式会社」
MENU
スポンサーリンク


スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved