投資術入門【株のデイトレード】
トレンドの波に乗るテクニック
投資術入門【株のデイトレード】

寄りつき直後の上昇トレンドで仕掛ける


Yahoo!ブックマークに登録

寄りつき直後の株価急騰銘柄を狙う

寄りつき直後の上昇トレンド狙い

株価上昇の勢いが加速するのは、ザラ場(相場が始まる時である「寄り」と相場が終るとき「引け」の取引開始と取引終了を除いた時間のこと)だけではなく、寄り付き直後にも見られます。
その理由は、寄りつき直後に、値上がり率ランキングをみて、ランキング上位にランクインしてきた銘柄を、他のツール(チャート・板など)を見ずに、脇目も振らず買い注文を出すというトレーダーが多いからです。
よって、株価が寄りつき直後に急騰すると、ランキングを見たトレーダーの買い注文も加わり、株価上昇の勢いが増加するのです。
寄りつき直後の上昇トレンド狙いとは、前述した株価上昇の勢いを利用して仕掛けるテクニックです。
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
買いを仕掛ける
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
他のトレーダから買い注文が集まらなければ売り注文を出す
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
寄りつき直後に株価が上昇するパターン
売り注文を出す(値幅を取る)タイミングを考える

寄りつき直後の上昇トレンドで買いを仕掛けるための条件

寄りつき直後の上昇トレンドを狙うためには、まず買いを仕掛ける条件に該当する銘柄を、いち早く探し出さなければなりません。
この買いを仕掛ける条件は、寄りつき1本目の足で長めの陽線が出現しているかということです。寄りつき1本目の足で長めの陽線が出現している場合には、買いを仕掛ける銘柄となります。
仕掛けのパターンとしては、@値上がり率ランキングを見て、Aランキング上位にランクインした銘柄の5分足チャートから、寄りつき1本目の足に長めの陽線が出現したか否かを確認します。
そして、B寄りつき1本目の足に長めの陽線が出現した場合は買いを仕掛ける、という流れになります。
ここで注意しなければならないのが、実際のトレードにおいては、株価が急騰するわけですから、前述したような@〜Bのことをすばやく行わなければ、株価が上昇して買い値が高くなってしまいます。
よって、ランキング閲覧から仕掛けまでの時間は、遅くても5秒程度がベストです。
後は、寄りつき直後の上昇トレンドの波に確実に乗るために、成り行きで注文を出します。
理由は、指値注文より早く、また確実に約定が出来る(確実に上昇トレンドに乗るため)からです。
成り行き注文成り行き注文
買取り価格を指定せずにその場の流れにまかせて注文を出す方法のこといいます。
指値注文より早く確実に取引が出来ますが、流れに任せて注文をとるため、思ったより高く買ったり、安く売ったりする場合があります。
買いを仕掛ける条件
寄りつき直後の上昇トレンドで買いを仕掛ける条件
MENU
スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved