投資術入門【株のデイトレード】
勝ち組トレーダーになる為に
投資術入門【株のデイトレード】

仕掛けを見送る相場状況とは?


Yahoo!ブックマークに登録

高値圏値動き・長すぎる陽線・長い上ヒゲに注意

買いを仕掛けない相場状況とは?

当ホームページでは、リバウンドテクニックやトレンドに乗るテクニックなど、私が実際に実践しているテクニックを紹介しましたが、実践では、買い仕掛けの条件に該当した銘柄の中から、更に厳選しなければなりません。
理由は、買いを仕掛ける条件に該当しても、状況しだいでは高リスクのため、仕掛けを見送ることもあるのです。

高値圏内で値動きしている銘柄に注意する

直近で急騰し、日足チャートにおいて高値圏内にある銘柄には注意が必要です。
下記のチャート図を見てもらうとわかるように、
@相場が買い気配で開始し、寄りつきと同時に長めの陽線が出現しています。
Aその後次の足で長めの下ヒゲが出現しました。
@はトレンドの波に乗るための条件に該当していますし、Aはリバウンドで仕掛けるための条件に該当しています。
しかし、この状況下では買いを仕掛けることはできません。理由は、この銘柄の日足チャートを見るとわかるのですが、この銘柄は昨日・一昨日とストップ高だったのです。
2日間のストップ高によって株価がかなりの高値圏で推移しています。もし好材料が出たとしても、これ以上株価が大きく上昇するのは難しい状況なのです。
高値圏で推移している銘柄
買いを仕掛ける条件に該当していますが、リスクが高すぎると判断した場合は、買いを仕掛けない。
株価が高値圏で推移している銘柄には要注意

長すぎる陽線の出現時には要注意

長めの陽線が出現した場合は、上昇トレンドの波に乗るための条件に該当します。
しかし、ここで注意しなければならないのは、「長め」ということです。ですから、長すぎる陽線には注意しなければなりません。
理由は、その足で天井を打ってしまう場合もありますし、売り圧力が強まり株価が下落するリスクもあるからです。
下記のチャート図を見てもらうとわかりますが、寄りつき1本目の足から長い陽線が出現しています。株価を見てみると5分間で1670円から1750円まで上昇しています。5分間で80円も上昇したわけですから、当然、売り圧力と高値警戒感が高まります。この売り圧力と高値警戒感は長い上ヒゲが示しています。30円の上ヒゲですから、上ヒゲも長すぎます。
このように長すぎる陽線と上ヒゲが出現している場合には、リスクが高いため、仕掛けを見送らなければなりません。
長すぎる陽線が出現
買いを仕掛ける条件に該当していますが、リスクが高すぎると判断した場合は、買いを仕掛けない。
長すぎる陽線出現時には要注意
MENU
スポンサーリンク

スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved