投資術入門【株のデイトレード】
株式売買の用語解説
投資術入門【株のデイトレード】

株式用語50音順目次【た〜と】


Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

目次【た〜と】

た〜と順目次


【た】
大陰線

貸借対照表


大証
大証一部
大証二部
大証ヘラクレス
大暴騰
大暴落

大陽線

鷹返し

高下
高値


高値つかみ
高値引け

高寄り

抱き線
たくり
たくり線
たすき足
たすき線



立ち会い


立会い場

ダックス
ダックス指数

他人資本
大陰線とは、陰線の中でも比較的実体の長いものです。実体部分の平均的な長さは銘柄によって区々ですが、過去のローソク足と比べて長い実体のときに大陰線といいます。
貸借対照表とは、財務諸表の1つです。バランスシート(B/S)とも呼ばれます。ある時点における会社の資産と負債、資本を表にしたものです。貸借対照表は会社の現金だけでなく預金から借金まで全て含んでいますから、その会社の中身、そして将来を知る非常に重要な資料になります。
大証とは、大阪証券取引所の略称です。
大証一部とは、大阪証券取引所の市場第一部の略称です。
大証二部とは、大阪証券取引所の市場第二部の略称です。
大証ヘラクレスとは、大阪証券取引所にあるベンチャー企業向けの株式市場です。
大暴騰とは、全銘柄が極めて急激に大きく上昇することをいいます。暴騰より強烈な意味合いを持ちます。
大暴落とは、全銘柄が極めて急激に大きく下がることをいいます。暴落より強い意味合いを持ちます。大暴落が起きると株式市場は壊滅的な打撃を受け、回復するまでにかなりの時間を要することになります。
大陽線とは、陽線の中でも比較的実体の長いものです。実体部分の平均的な長さは銘柄によって区々ですが、過去のローソク足と比べて長い実体のときに大陽線といいます。
鷹返しとは、三本足の1つです。大陽線が出た後に窓をあけて小陰線が現れ、その次にその小陰線を包む陰線が現れたものです。上げ途中に出れば、見るからに相場の下げ転換を示していると考えられます。
高下とは、上がったり下がったりすることをいいます。
高値とは、ある一定期間を考えたときの最も高かった株価です。1日、1週間、1ヶ月、1年などを単位にして、「今日の高値は去年の高値を超えた」などのように使います。また、「高い価格」「高い株価」という意味で使われることもあります。この場合は「株はできるだけ高値で売りたいもの」といったように使われます。
高値つかみとは、もっと値上がりすると思って買った株が、その後値下がりしてしまい、高値で株を買ってしまうことをいいます。
高値引けとは、その日の終値が高値をつけることをいいます。大引にかけて買いが進んだということですので、株価に上昇の勢いがあることを示しています。このような場合、好調が持ち越されることが多く、翌日の相場への期待感が高まります。
高寄りとは、寄付きの株価が前日、または前場の終値より高いことです。寄付き前から買い注文が多く、相場が上昇基調で始まることをいいます。
抱き線とは、つつみ線の別名です。
たくりとは、たくり線のことです。
たくり線とは、下降トレンドの中で現れたカラカサです。上昇転換の強いシグナルとされています。
たすき足とは、たすき線のことです。
たすき線は、二本足の1つです。陰陽、陽陰の2パターンがあります。陰陽の場合は、前日の陰線の高値以上の終値をもつ陽線が出たもので、陽陰の場合は、前日の陽線の安値以下の終値をもつ陰線が出たものです。ただし、一方の実体がもう一方の実体を完全に含むものはつつみ線といい区別します。意味としては、前日の相場の方向と逆方向に放れて寄り、その方向に伸びた状態です。前日の反対側に相場が動いていることから相場の転換点となりうる足です。
立ち会いとは、証券取引所内において会員証券会社間で行われる売買取引のことをいいます。その昔に証券会社の担当者(場立ち)が立会い場に立って、手サインを使って売買処理を行っていたことからこの言葉が使われていました。現在ではすべてコンピュータ処理となりましたが、その名残で今でも立ち会いという言葉が使われています。
立会い場とは、証券取引所において、売買両方の場立ちが集まり立ち会いを行う場所のことです。以前は場立ちが立会い場で手サインを使って売買取引を行っていましたが、現在はすべてコンピュータ処理となり、立会い場は廃止されています。
ダックスとは、ダックス指数のことです。
ダックス指数とは、ドイツで使われている株価指数です。単にダックス(DAX)と呼ばれることも多いです。ダックス指数の他にはコメルツ指数やFAZ指数などがあります。
他人資本とは、返済の必要がある資金のことで、負債です。通常、返済以外に利息の支払いも必要になります。業務に必要なお金を銀行から借りた場合、そのお金が他人資本になります。対して、返済の必要が無い資金を自己資本といいます。
↑ページTOPへ
【ち】
地方証券取引所
チャート

中間反騰

中国株


調整安
帳簿価額
貯金
直接金融
地方証券取引所とは、地方にある証券取引所です。今は福岡証券取引所と札幌証券取引所の2つを指します。
チャートとは、株価をグラフにしたものの総称です。横軸に時間、縦軸に株価をとります。グラフの書き方はたくさんあります。最も単純なチャートは単なる折れ線グラフである止め足です。日本で最もよく使われるチャートとしてはローソク足があります。
中間反騰とは、下げていた相場が下げすぎた反動により一時的に反騰することをいいます。これに対し、完全に相場が復調することを本格反騰といいます。
中国株とは、中国の証券取引所で取引されている株のことです。中国には、香港証券取引所、上海証券取引所、深セン証券取引所などの証券取引所があり、それぞれの株式市場を香港市場、上海市場、深セン市場と呼びます。全ての上場銘柄が日本から買えるわけではありませんが、各証券取引所には外国人向けの株式があり、それらは日本からも売買が可能です。
調整安とは、三段高下の法則における、長期的な上昇相場の中で現れる小さな下降相場を指します。
帳簿価額とは、帳簿上の価額のことです。略して簿価といいます。
貯金とは、郵便局や農協、漁協にお金を預けることです。また、郵便局に限らずお金を預けること、お金を貯めること全般も意味します。
直接金融とは、資金を調達する場合に、資金提供者から直接お金を受け入れることをいいます。株式の発行による出資金集めが直接金融の代表です。資金提供者との間に別の機関が挟まっている場合は間接金融といいます。銀行からの借り入れが間接金融の代表です。
↑ページTOPへ
【つ】
追随高
追随安
通貨
通貨証拠金取引
月足


つつみ足
つつみ線



燕返し



強気

強気相場
強含み
つれ高
つれ安
追随高とは、好材料などにより、ある株が買われ値上がりした場合に、同じ業種の株も追随して買われ値上がりすることをいいます。
追随安とは、悪材料により、ある株が値下がりした場合に、同じ業種の株も追随して値下がりすることをいいます。
通貨とは、簡単に言えばお金のことです。 円、ドル、ユーロなど、様々な単位があります。
通貨証拠金取引とは、外国為替証拠金取引のことです。
月足とは、1ヶ月の四本値を使って書かれた足のことです。1ヶ月の四本値を1つの足に書いたローソク足チャートで、始値は初日の始値、終値は末日の終値です。1ヶ月の値動きが1つの足として表現され、中長期的な株価の変動の様子を見る際に使用されます。四本値はある期間の株価を表すわけですが、その期間のとり方によって、日足、週足、月足、年足などがあります。
つつみ足とは、つつみ線のことです。
つつみ線は、二本足の1つです。陰陽、陽陰の2パターンがあります。陰陽の場合は、前日の陰線を完全に包み込む大陽線が出たもので、陽陰の場合は、前日の陽線を完全に包み込む大陰線が出たものです。前日の足を包むことから、この言葉が使われています。つつみ線は、寄りは前日の相場と同じ方向で、その後に反転して引けたものです。寄りの時点では前日と同じ方向なのに、引けでは一気に前日の値動きを超えて株価を戻しています。相場の転換を暗示する足です。つつみ線は抱き線ともいいます。
燕返しは、三本足の1つです。始値が前日の終値よりも高くなったというのに、その後下げて陰線として終わるということがありますが、このような足が2本連続で出たあと、陽線が出たものを燕返しといいます。意味合いとしては、前日の終値がやや割安であったために高く寄り、高く寄ったことによって割高になって売られたという状態です。買い勢力と売り勢力がせめぎあっている均衡状態ですが、全体としては上昇気配です。
強気とは、株価が上昇すると予想すること、または株価が上昇すると予想して買いを仕掛けることです。強気相場とは、上昇トレンドにあることを指します。
強気相場とは、株価がどんどん上がっていく様子をいいます。上昇トレンドのことを示しています。
強含みとは、相場が堅調で今後も上昇しそうな状態をいいます。
つれ高とは、好材料などにより、ある株が買われて値上がりした場合に、同じ業種の株がつられて買われ値上がりすることをいいます。
つれ安とは、悪材料により、ある株が値下がりした場合に、同じ業種の株がつられて値下がりすることをいいます。
↑ページTOPへ
【て】
出合い線

ディーラー業務

ディーリング
デイオーダー

定期預金
抵抗線

抵抗値

ディスクロージャー


ディストリビューター

デイトレ
デイトレーダー

デイトレード
適格機関投資家


出来高

出来高回転率



テクニカル指標

テクニカル手法

テクニカル分析

転換社債


天井

店頭市場

店頭登録
店頭登録市場
店頭売買有価証券市場
出合い線は、二本足の中の1つです。前日の終値から放れて寄りついたが、方向転換して元の株価付近まで戻った状態です。陽陰と陰陽で2パターンあります。相場の方向転換を表す足と考えられ、反対勢力の出現を意味することから、逆襲線とも呼ばれます。
ディーラー業務とは、自己売買業務と同じ意味で、証券会社自身が計算や判断により、証券会社自身の資金で有価証券の売買を行う業務のことをいいます。
ディーリングとは、自己売買と同じ意味です。
デイオーダーとは、有効期限を「注文を出した当日限り有効」とする注文のことをいいます。その日の立会時間終了までに約定されなかった注文は自動的にキャンセルされます。
定期預金とは、一定期間払い戻しを行わない条件付きの預金です。
抵抗線とは、抵抗値をチャート上で考えた時の言い方です。
チャートでは、その株価で水平線があるように見えるので抵抗線といいます。
抵抗値とは、その株価を越えて上げる、または下げることに抵抗があるような株価のことです。上げの抵抗値を上値抵抗値、下げの抵抗値を下値抵抗値といいます。
ディスクロージャーとは、企業による情報公開のことをいいます。日本では、金融商品取引法と商法によって規定されているものがあります。株式取引では、投資家を保護するために証券を発行している企業が、投資家に対して経営成績・財政状態・業務状況などの経営内容、商品・サービスの内容や組織など、投資判断に必要な情報を開示することが義務付けられています。
ディストリビューターとは、卸売業者、代理店といった意味です。株式においては、ディストリビューターとは募集・売り出し業務を行う証券会社のことを指します。
デイトレとは、デイトレードの略です。
デイトレーダーとは、買った株をその日のうちに売る、あるいは売った株をその日のうちに買い戻すことで利益を得る投資家のことです。このような、1日の間に株式売買を繰り返すことをデイトレードといい、投資家のことをトレーダーといいます。
デイトレードとは、買った株をその日に売ることによって利益を得る株式売買のことです。超短期型株式売買取引です。
適格機関投資家とは、法律で認められた投資のプロのことです。投資のプロである適格機関投資家は、自己の責任に基づいて投資判断ができ、投資家保護のルールは必要ないと考えられているので、金融商品取引法における「販売」「勧誘規制」などの様々な規制の適用が免除されています。
出来高とは、売買高ともいい、証券取引所で売買が成立した株数のことをいいます。出来高は市場全体や個別銘柄の勢いを示すバロメータとして使われます。出来高が多く株価も高い場合、相場は強いとされ全体的に上昇する傾向にあります。
出来高回転率とは、売買回転率と同じ意味で、売買回転率とは、一定期間の売買高を上場株式数で割ったもので、次の計算式で求められます。
(期間) 売買高÷(期間) 平均上場株式数×100(%)
平均上場株式数=(前期末上場株式数+期末上場株式数)÷2
テクニカル指標とは、テクニカル分析で使用される売買タイミングをはかる指針となるものです。通常は、株価などをもとにある計算式を用いて求められる値を利用し、その値が一定基準を満たしたときに売買を行うといったように利用されます。
テクニカル手法とは、テクニカル分析の方法です。テクニカル手法は多数存在し、それぞれに特長があります。1つのテクニカル手法で相場の方向を判断することは困難なため、複数のテクニカル手法を駆使して相場を読みます。
テクニカル分析とは、相場の方向、勢いなどを、チャートや各種の指標(テクニカル指標)などを用いて予測する分析手法です。過去の株価などの数値データを様々に処理し、その処理結果から将来の株価を予測します。
転換社債とは、社債の一種。あらかじめ定められた条件に従って、株式との交換ができる社債です。株式会社の業績などによって、社債よりも同じ価値の株式を持っていた方が有利ということがあります。ですから、株式への交換が可能な転換社債は通常の社債よりもメリットがあります。
天井とは、長期的に相場を見た場合の株価の上げ下げの小さい山のそれぞれのピーク(高値)のことです。天井の中で最も高いものを大天井と呼びます。
店頭市場とは、正式名称を店頭売買有価証券市場といい、店頭登録された株式を扱う株式市場のことです。今現在、店頭市場は廃止されました。
店頭登録とは、店頭登録市場に登録すること、つまり店頭登録市場で株式公開することです。今現在、店頭登録市場は存在しません。
店頭登録市場とは、正式名称は店頭売買有価証券市場といい、今現在は、店頭登録市場というものは存在していません。
店頭売買有価証券市場とは、日本証券業協会が開設していた店頭登録市場の正式名称です。今現在、店頭登録市場というものは存在していません。
↑ページTOPへ
【と】
動意

動意薄
動意づく

投機

東京証券取引所


当座預金

投資
投資アドバイザー
資産運用型マンション
投資家

投資会社

投資銀行

投資組合
投資顧問


投資顧問会社
投資顧問業
投資顧問業法

投資事業組合

投資信託

投資信託のブンさん

投資日記
投資ファンド
投資物件
投資法人
投資法人法
投資マーケット
投資マンション
東証
東証一部
東証株価指数
東証第一部
東証第二部
東証二部
投資用不動産
東証マザーズ
投信
トウバ
独占禁止法

特別売り気配

特別買い気配

特別気配

独禁法
突飛高
突飛安
独歩高
独歩安
ドテン売り
止め足

トレーダー
トレンド

トンカチ

トンボ
動意とは、ほとんど動きがなかった相場が少しずつ上がり、または下がりはじめる状態のことをいいます。主に相場が上がり始めるときに使われます。
動意薄とは、長期間株価が動かないことをいいます。動意の期待が薄いということです。
動意づくとは、ほとんど動きがなかった相場が少しずつ上がり、または下がりはじめることをいいます。おもに相場が上がり始めるときに使われます。
投機とは、価格の変動によって利益を得るために、株式などの有価証券やその他の商品の売買取引を行うことです。比較的短期間に売買を完了することを前提として用いることが多いです。
東京証券取引所とは、国内最大の規模を誇る東京にある証券取引所です。ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所と並ぶ規模で、世界三大証券取引所の1つとされています。日本のみならず世界経済を考えたとしても中心に位置しています。東証と呼ばれ、株式会社であり、正式名称は株式会社東京証券取引所です。
当座預金とは、手形や小切手の決済を行うための口座です。決済のための口座なので金利は付きません。そのかわりペイオフの対象にならず、金融機関が破綻したとしても全額保証されます。
投資とは、利益を得る目的で証券や事業などに資金を使うことをいいます。
投資アドバイザーとは、投資顧問のことです。
資産運用型マンションとは、投資マンションのことです。
投資家とは、市場で資産運用をする個人、団体、法人などのことをいいます。株式市場で株式売買する人は、投資家です。個人または法人などを区別するために、個人投資家、機関投資家などというように呼び分けます。
投資会社とは、投資を事業として行う会社の呼称です。日本では、「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律があり、その場合は投資会社でなく投資法人という言葉を使います。
投資銀行とは、企業の株式や債券発行による資金集めや、合併や吸収に関するコンサルタントを行う金融機関です。インベストメントバンクとも呼ばれます。投資銀行は個人向けの業務を行いません。
投資組合とは、投資事業組合のことです。
投資顧問とは、投資に関するアドバイスを業務とする投資アドバイザーです。投資顧問の業務には「投資助言業務」と「投資一任業務」があり、「投資助言業務」とは、通常は株式などの有価証券に対する投資について、投資家に運用方法をアドバイスをすることです。「投資一任業務」とは、顧客から資金を預かって運用を行うことです。
投資顧問会社とは、投資顧問を業務として行う会社です。
投資顧問業とは、投資顧問を業務として行うこと、またはその業務のことです。
投資顧問業法とは、投資顧問会社を登録制にするなどといったことを定めた投資顧問業に関する法律です。正式名称は「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」といいます。
投資事業組合とは、ファンドの一種で、主にベンチャー企業に投資を行うファンドです。ファンドの一種ではありますが、匿名性が高いという特長があります。
投資信託とは、投資家から集めた資金を投資の専門家が株式や債券などに投資運用し、収益が出たときにその成果に応じて出資者に収益を分配するという仕組みの金融商品です。投資を信じて託すということから、この名前「投資信託」といいます。
投資信託のブンさんとは、大和投資信託が運用している「りそな・世界資産分散ファンド」の略称です。「ブンさん」というのは、このファンドの愛称です。
投資日記とは、投資の内容を日記に綴ったもので、主にブログとして公開されています。
投資ファンドとは、投資家から集めた資金の運用を行う機関、ファンドのことです。
投資物件とは、不動産投資のためのマンションや土地などの物件のことです。
投資法人とは、投資法人法によって定められた、投資を事業として営む法人です。
投資法人法とは、投資信託及び投資法人に関する法律の略称です。
投資マーケットとは、投資を行う市場のことです。
投資マンションとは、物件を賃貸することで家賃収入を得ることを目的としているマンションのことで、資産運用型マンションともいいます。
東証とは、東京証券取引所のことです。
東証一部とは、東証第一部のことです。東証の中でも上場基準が1番厳しい株式市場です。
東証株価指数とは、東京証券取引所が算出している日本の代表的な株価指数の1つで、通称TOPIXと呼ばれます。
東証第一部とは、東証にある、東証の中でも上場基準が1番厳しい株式市場です。東証一部と呼ばれることも多いです。
東証第二部とは、東証にある株式市場です。上場基準は東証第一部よりも緩やかです。東証二部と呼ばれることも多いです。
東証二部とは、東証第二部のことです。東証の中の株式市場です。
投資用不動産とは、投資のための不動産のことです。代表的な投資用不動産として、投資マンションなどがあります。
東証マザーズとは、東証にある新興企業向けの株式市場のマザーズのことです。新興企業向けということから、上場基準は緩めです。
投信とは、投資信託のことです。
トウバとは、寄引同事線で、下影のないものをいいます。
独占禁止法とは、経済活動における独占行為を禁止するための法律です。独占禁止法はもともと正式名称である「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」を略したものですが、さらに略して独禁法ともいいます。
特別売り気配とは、売り注文が殺到しているのに対し買い注文がない状況で、更新値幅内に売呼値だけあって買呼値がない場合に、そのことを特別に知らせるために証券取引所が表示する気配値のことをいいます。
特別買い気配とは、買い注文が殺到しているのに対し売り注文がない状況で、更新値幅内に買呼値だけあって売呼値がない場合に、そのことを特別に知らせるために証券取引所が表示する気配値のことをいいます。
特別気配とは、直前に成立した株価と呼値との間に大きな差がある場合に、そのことを特別に知らせるために証券取引所が表示する気配値のことをいいます。
独禁法とは、独占禁止法をさらに略したものです。
突飛高とは、特別な好材料がないのにある特定の銘柄だけがいきなり値上がりすることをいいます。
突飛安とは、特別な悪材料がないのにある特定の銘柄だけがいきなり値下がりすることをいいます。
独歩高とは、相場が全体的に低迷している場合に、ある特定の銘柄だけが好材料により値上がりすることをいいます。
独歩安とは、相場が全体的に堅調なのにもかかわらず、ある特定の銘柄だけが悪材料により値下がりすることをいいます。
ドテン売りとは、それまで買いだったのに急に売りに転換することを言います。
止め足とは、チャートの書き方の1つで、もっとも単純なチャートです。書き方としては、株価(通常は終値)を線でつないでいくだけの折れ線グラフです。
トレーダーとは、株式売買をする人のことです。
トレンドとは、株価の長期的な変動の方向という意味です。長期的に上げている場合には上げトレンド、長期的に下げている場合には下げトレンドといいます。
トンカチとは、上影が実体よりも長くて、下影が無いものです。上影陰線または上影陽線でもあります。陰線・陽線の場合でも、上げて高値を付けてから始値付近まで押し戻された形です。
トンボとは、寄引同事線で、下影のあるものをいいます。
↑ページTOPへ

アルファベット順目次


【A〜Z】

50音順目次


【あ〜お】【か〜こ】【さ〜そ】【た〜と】【な〜の】
【は〜ほ】【ま〜も】【や〜よ】【ら〜ろ】【わ〜ん】
スポンサーリンク
株式のデイトレード入門サイトです。
株式投資初心者でも安心なローリスクトレードをマスターし、まずは毎日1万円の利益を目標にして頑張りましょう。
Copy right(c) 2011-2012 投資術入門【株のデイトレード】 all right reserved